京都大学高専会 - 単位を集める

はじめに

 京大に編入して大変なことの一つは、卒業、進級のための単位を集めることです。これに触れる前に、大学のシステムについて少し書きます。ご存知とは思いますが、大学は高専と違い、自分で好きな授業を選んで受けます。工学部の専門科目だけでなく、社会、人文系、外国語、スポーツから、理学部、文学部など、他学部の授業を受けることもできます。とは言っても、好きなことだけやって卒業できるわけではありません。単位についてに書いたように工学部の専門は何単位取らないと…という制限があります。

 工学部の場合、専門科目の講義は午前中に行われます(実験、実習などは午後に行われることが多いです)。一方、一般科目は同じ授業でも、一週間のうち複数開講されるものもあります。例えば「微分積分」等は、毎日何回もやっているので、受けたい曜日や時間を選ぶことができます(一般の学生は指定があるが、編入生は 申し出ればほとんどの場合何を受けてもかまわない)。専門科目で複数時限に開設される科目はほとんどありませんが、講義をする先生を選択できる科目もあります(どれが簡単なのかは先輩に聞いてください)。

二重登録

 「高等専門学校からの編入学者に対しては、工学部専門科目と全学共通科目又は他の工学部専門科目を重複して履修することを認めることがある。」と いう規定があります。つまり、同じ曜日、同じ時間に体一つで2つの授業を受講できるということが認められています(ただし、一般科目同士の二重登録はできない)。これには、学科長等の許可が必要ですが、平成20年度現在許可は下りています。また、 規定では二重登録の数に上限はありません。ただし、二重登録の取りやめを進言する先生もいますので今後も制度が存続されるかはわかりません。

注)二重登録の上限は学科によって異なります。平成22年度では物理工学科は無制限、電気電子工学科は二重登録は可能ですが全部で25時限まで、地球工学科および工業化学科の一部コースは二重登録不可となっています。近年は、二重登録ができないようになっている傾向があり、平成24年度の編入年次の変更に伴い、よほどの事情がない限り二重登録は難しいでしょう。

出席・テスト

 現在JABEEは多くの高専で導入されていますが、そのような高専では原則として2/3以上出席しないと単位が取得できません。ところが、京大では必ずしも出席しなければならないということはありません。一回の期末テスト(あるいはレポート)で合格点を取れば出席せずとも単位が取得できる場合もあります(評価基準はシラバスに明記されるか、最初の授業で先生が学生伝える)。また、課題の提出を出席代わりにする先生もいます(課題さえ知れば出席は必要ない)。これらが、先の二重登録を可能にしています。もちろん、出席をきちんと取る先生も 存在し、最近は出席を取る先生も増えてきております。また、以前は何の努力もなしに単位が取得できるという科目も多かったようですが、近年は減少傾向にあります。

2013年4月12日